Suzuki BLOG

猫 漫画 本 アート 靴 などなど 好きな物を気が向いた時に…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたのMacに恋をして。




私のパソコンは、apple社のMacbookです(白)。
今日はMacと私のなれそめを話したいと思います。


IMGP0161-1.jpg


5年前、授業でパソコンが必要になった時、
私に与えられたパソコンは、母親からおさがりのSONYのVAIO。
今では考えられないほど大きくて、分厚くて、重かった(4kg位あった気がする)。
その当時でも古い機種の方で、要領は60GB、メモリは254MBでした。


iTunesやら、illustratorやら、音源を入れたらすぐに要領はいっぱいになるし、
当然動きも起動もものすごく重い(笑)
友達にも、いつもお前の重いなー!(2つの意味で)といじられていました。


ピクチャ 1


私は、機能やSPECの善し悪しは我慢できるんですが…
どうしても我慢ならないことがあったのです。

それは、VAIOというか、WindowsというOS自体と言えば良いのでしょうか。
一つ一つのアイコンやら、メニューバーやら、ウィンドウのボタンやら…
デザインが我慢ならないのです。
なんか固いというか、
ぱっとデスクトップ画面を見た時に、すっとこないんです 心に(抽象的すぎてすいません(^^;))


なので、フリーのアイコンを集めて一つ一つを変更して行ったり、テーマも同じように変えてはまた変えてと、
私の心にすっと納まる物を探し求めていました。
(当然どんどんパソコンの動きは重くなって行く/笑)



このようにデザイン等を変更しVAIOさんを愛そうとしても、結局最後まで私はVAIOを愛してあげることが出来ませんでした。
そんな私の気持ちを察してか、VAIOさんは早々と壊れてしまいます(^^;)


TUTAYAでかき集めたCD音源などのデータも消滅してしまったのはショックでしたが、
内心はやっとこのパソコンとの付き合いも終われるという安堵感もあったのも事実です(笑)



そんなとき、私はある学内展示のために、見取り図を制作する係になってしまいます。
しかし自分のパソコンがないので、同じ係だった小野君のパソコンを借りて制作することになります…


p-bookG4-867.jpg

そのパソコンというのがこのMacのpower book g4。
Macのパソコンの存在や外観の美しさは知っていましたが、実際操作をしたことはありませんでした。

当時は丁度iPod nanoの第一世代が発売され、iPodの人気に火がついてきたタイミングでしたね。

それまで、Macはかっこいいし、microsoftのソフトも使えないことはないがWindowsとの互換性が悪かったり、microsoftの独壇場の世界では色々使いづらいというのが当時のイメージでした。


しかし、小野君のpower book g4を手にとって作業をはじめた瞬間、私はMacに恋をしてしまいます。
(ここからは大滝詠一の"幸せな結末"BGMを流しながらお読み下さい/笑)

ピクチャ 1


まずは見た目。無駄のないフォルムの中に光る齧林檎マーク。
アイコン一つ一つのクオリティの高さ。
DockやExposeなどの機能の便利さ。ウィンドウをしまう時のエフェクト。
黒いマウスカーソルもwindowでは砂時計のエフェクトもMacでは正式名称がSpining Wait Cursorというもので…

例を挙げて行くとキリがないのですが、Macを築いている一つ一つの機能、
グラフィックが私の心にすっすっと納まって行きました。


illustratorという同じ作業をしていても、上記したような違いでWindowsとMacでやるのでは大いに違うと私は感じました。

いやー、当時Macの作業する時のわくわく感は忘れられません。
(Mac歴4年目の現在はあの当時ほどわくわくはしませんが、
なんていうんだろ当時は付き合いたてのカップル、今は熟練カップルといいますか/笑)横にいて当たり前という感じです。)

すっかりMacの虜となってしまった私は、近いうちに必ず自分のMacを手に入れることを決心します。

ピクチャ 1


そこから毎夜毎夜appleの公式サイトとのにらみ合いの日々が始まります(笑)
予算的にもMacbookを買うことは決まっていましたが、上位スペックのMacbookの黒も気になるし、
どうせ買うなら、specも少し良いのにした方が良いんじゃないかとか。
公式サイトの整備済みのMacで安めのMacが現れるのではないかとか。

それはホントに文字通り毎夜毎夜にらみ合っていました/(* o */)


結局偶然入ったヤマダ電気で旧モデルのものが、かなり値引きされており、即購入。めでたくMacとの共同生活が始まります。


現在、内蔵HDDが一度帰らぬ人となりましたが、順調に稼働しています。

ピクチャ 1


これは現在のデスクトップ画像。Macはアイコンなど簡単に変更できます。


最後に
Macを使っていると思うことが多々あります。

その一つに私たちが物を買う時や、手に入れるときに何を判断基準にしていけばいいのか、というもの。

特にパソコンのように高価で長年付き合うものになると、失敗はしたくないですよね。
もちろんパソコンでいえば仕事で使う人、趣味で使う人それぞれに使用用途があり、一概には言えませんが。

街に出て、お店に並んでいる商品を見ると
この商品はこれだけ安いですよ。とか
これだけ多機能で便利ですよ。とか
これだけ人気があって、売れてますよなどの情報が溢れています。


しかし一番大事なのは、"どれだけその商品に愛着を持つことが出来るか"ということだと思うのです。

Macを使用しているとそれを強く感じます。
apple社の人もapple製品を消費者に愛されるかを第一に考えて作っているんだろうなー
と感じるのです。

服を買う時なども上記した情報に惑わされないように気をつけて入るんですが、これがなかなか難しいことなんですよね(^^;)

ピクチャ 1


現在Macの普及率は10%位だとか、いまだにWindowsの独壇場です。
ですが、いつかひっくり返るともいます。…根拠は何もありません(笑)


ほんとに、例え相手が物であろうと、ずっと付き合って行く以上愛情を持てるかというのが重要なんです。
ということを感じました。


現在はipod classicの第三世代(現在のとは違いボタンが4つあるやつ)が欲しいです。



今日は以上です。

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。